• 電話番号 029-869-6964

  • LINE予約

  • 電話受付
    9:00~12:00/15:00~20:00
    ※土曜は9:00~14:00
  • 休診日
    日曜・祝日

肩こり

肩こりに関する
こんなお悩みありませんか?

  • 肩こりを本気で治したい
  • 眼精疲労がある
  • 肩こりと倦怠感がある
  • 肩が痛くて集中力が低下する
  • 肩こりに加えて頭痛やめまいがする
  • 肩がこわばってだるい
  • 吐き気
  • 腕や手のしびれ
  • 肩が重い
  • 首のつけ根から肩、背中にかけて張っている感じがする
  • 長年諦めていた慢性的な肩こりを楽にしたい

肩こりについて

肩こりに関連する筋肉はたくさんあります。その中でも首の後ろから肩、背後にかけて張っている僧帽筋は、肩と密接に関わっています。肩には重い頭の負担がかかっているため、肩の筋肉は、もともと負担がかかりやすい構造になっているのです。特に日本人は、筋肉がつきにくい体質なので、筋肉への負担が必然的に大きくなり、肩こりになりやすいのです。その上精神的ストレスまで加わったなら、さらに肩への負担は大きくなるでしょう。肩の筋肉が緊張する時間が長いと血流が悪くなり、肩に疲労物質がたまります。サンディー接骨院の院長である私は、柔道整復師の資格を持ちます。これまで筋肉や体の構造について深く学んできました。肩こりの専門的な知識もあるので、当院で一緒に改善していきましょう。

肩こりになる原因

  • 日本人はもともと筋肉量が少ない
  • 長時間同じ姿勢を続けている
  • ストレスが過剰
  • 肩の血行不良
  • ビタミン不足
  • 疲れがたまっている

当院でできる肩こり治療

温熱療法

温熱療法は電磁波の一種を利用して、患部を温めることで改善をはかる施術です。身体の表面から熱を与える暖房などとは異なり、身体の奥深い部分を効率的に温めることができます。神経細胞や筋肉のダメージを他の方法より早期に修復できるので、多く使われている治療方法です。患部を温めると自然に血行が改善し、筋肉のこわばりがとれてくるでしょう。ご自宅でしたら自分で蒸しタオルをあてる、ゆっくりお湯につかるなどしても肩の血行は回復します。ただしヤケドするくらい熱いのは逆効果なので、お気をつけください。

マッサージ・指圧

当院では病院のように湿布や薬に頼った施術はしません。肩こりを根本的に改善していくために、ツボを刺激して血行を促し、筋肉をほぐし肩こり改善を目指します。

肩こりの予防方法

ストレスや緊張状態が長く続くと、自律神経のバランスが悪くなってしまいます。
自律神経が乱れると肩こりを引き起こしやすいので、できる限り精神的にリラックスする時間を設けましょう。
デスクワークを長時間していると、疲れが目にも肩にもたまります。
こまめに休憩してストレッチをして肩周りの筋肉をほぐす、目を休めるなどして疲れを癒しましょう。

肩こりにならないために

  • 目を疲れさせない(こまめに休ませる)
  • 適度に運動する
  • 精神的ストレスをためこまない
  • デスクワークを長時間続けない
    (こまめに休憩を入れる)
  • 体操やストレッチで肩周りの筋肉をほぐす

症例紹介

施術メニュー

ご予約はお電話かLINEよりお願い致します。

  • 電話番号 029-869-6964

  • LINE予約

  • 電話受付
    9:00~12:00/15:00~20:00
    ※土曜は9:00~14:00

ページトップへ戻る